自分が何者であるかというはなし

まとめ 結局なにが言いたかったかというと……

自分事ながら、よくもまあこれだけてんやわんやな道のりを歩いてきたなと思います。
キャリアパスのひとつの理想形として、「『あなたにしかその仕事はできない』と言われるスペシャリスト」があげられますが、自分はスペシャリストからほど遠い。人生設計というものもろくになく、その時々の「面白そうだな」というフィーリングに大きく頼って生きてきました。今年で35歳になりますが、周りが着々とキャリアを築く中、いまだ自分が何者であるか定まらず、毎日将来への不安が絶えません。

大変光栄なことに学生の方から「ワクワークで新卒採用はしないのか」といった問い合わせをいただくことがあります。ただ現状は自分自身の給料も満足に払えていない状況でして……。知人からも「必要かつ大事な事業ではあるものの、採算を取るのはなかなか難しいですよね」とコメントをいただきますが、現状はまったくもってそのとおりです。かけた時間とかかった苦労に見合った給与は、多分今年度も得られないでしょう。本当に不徳の致すところです。

それでもこの事業を諦めずに続けている理由は、シンプルで「アニメが好きだから」です。
もっというなら「自分がアニメに生かされており、少しでも恩返しがしたいから」でもあります。

これから就職活動にのぞむ多くの方々は、ほぼすべての面接で聞かれることでしょう。

「なぜ我が社を志望されるのですか?」

ほとんどの方にとってその質問に答えるということは、「自分の中にある小さなとっかかり」を見つける作業になるのではないでしょうか。

自分自身の就職活動を思い返してみても、「アニメが、ゲームが、漫画が好きだから。それ以外に理由はない」でした。
もちろん「この企業に行けたらベスト」という会社はありながらも、正直なところ「採用してくれるなら、どこだっていいし、就職する企業は採用を出してくれた中から考えよう」という感じでした(そんな思いが見透かされて落とされた、というのもまた事実ですが)。

就職活動は、お見合いです。
短期的に「結婚」という結論を目指すために、自分を偽り、意中の相手の心を射止めることは可能です。ただよくよく考えればわかることですが、「結婚」はあくまで入り口で、その後パートナーといかに生活していくかによって人生は変わってきます。無理をして成り立たせた関係は、いずれどこかにほころびが生まれることでしょう。
就職活動においてもやはり、そのままの自分でいろいろな相手にぶつかる、という正攻法以外に自身にあった企業と出会える方法はないのではないかと思います。就職活動では企業と学生は対等な関係であり、企業が採用不採用のジャッジをするように、みなさまも同様に品定めをすることができます。その中で最適なマッチングを得るための方法として、すこしでも興味があるなら企業担当者に会いに行くことをおすすめします。企業に話を聞きに行くにあたり「就職活動中」という、学生としてはこれ以上ないほど強いカードを持っている今、そのカードを最大限に活かし、最高のマッチング相手に出会えますことを心より願っております。

さて、この文章をお読みのみなさまは、きっとアニメ業界に興味がある方でしょうから、アニメ業界の企業の門戸を叩く権利をすでにお持ちです。
ぜひお気軽にアニメ業界就職フェア「ワクワーク2019」にご参加ください。
とかくブラックボックスに見えるのがアニメ業界の特徴ですので、この機会にいろいろな疑問・質問を直接ぶつけてください。

「アニメ業界って絵が描けないと働けないんでしょ?」
「アニメ業界で具体的に働くイメージが湧かないんです……」
「ぶっちゃけ給与や福利厚生ってどうなんですか?」

そういった疑問を業界関係者の方に直接相談する機会を作り、アニメ業界を志望するうえで発生する心理的なハードルをひとつでも取り除くことができたらと考えて企画いたしております。

そして、人材が非常に流動的なこともアニメ業界の大きな特徴です。業界内でのキャリアパスにおいて、転職はよくあることですので、業界内でのキャリアプランを考える上では、まず社会人第一歩をアニメ業界の会社ではじめることが重要だと考えます。昨年の就職フェアにていただいたとある方のお言葉をお借りするならば、「どこか特定の企業を決め撃ちするのではなく、『株式会社アニメ業界』に就職するつもりでいろいろな企業に話を聞きにきください」。

気軽に参加いただけるイベントにしてまいりますので、少しでもアニメ業界に興味をお持ちであればぜひともお越しください。

私は紆余曲折を経て、最終的にやっと今の仕事に出会うことができました。
ワクワークの事業を通して、ひとりでも多くの方が自分にとっての良い仕事に出会う機会を創出できたとしましたら、これ以上ないほどの光栄です。
今年一年も、何卒よろしくお願いいたします!!

株式会社ワクワーク
代表取締役
中山 英樹

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*