【企業研究 第一回】ピクシブとはなんの会社なのか? これからの10年に必要な人材論 <前編>

pixiv MEETUP 10th ANNIVERSARY

「YouTuberという職業は、YouTubeというメディアが存在しなかったらそもそも存在しなかった」

 なにを当たり前のことを……と思われるかもしれないのですが、全国の小学生の将来なりたい職業の上位にYouTuberが食い込んできているという話を聞いて、ふと思ったわけです。YouTubeは巨大な動画プラットフォームであるとともに、これから大人になっていく層の仕事感すら変えてしまったのだからすごいな、と。
 インターネットを通じて互いに作用しあえる現在の社会であれば、「一つのサービスを通じて文化や人々の世界観を変えていく」ということが、以前では考えられなかったくらい簡単に起きうるのだなと実感しました。

 今回取り上げるピクシブ株式会社も同様のことが言えると思っています。動画であればYouTubeでそうあったように、イラストの投稿サイトとして今日本人の多くが思い浮かべるのはpixivではないでしょうか。

 以前は、イラストを仕事にするためには出版社に持ち込む、同人誌を制作してイベントで頒布する、人づてに紹介してもらうなど、多くの場合イラストを描く以外の労力も多分に必須だったはずです。それがpixivというイラスト投稿サイトの誕生により、イラストレーターになりたい人も、イラストレーターを応援したい人も、イラストレーターに仕事をお願いしたい人もpixivに来れば完結できる、という環境が生まれたわけです。

 そんな画期的なサービスが世に生まれ、今年で10周年を迎えました。今回前後編に分けて、ピクシブという会社が「生み出している価値」とはなんなのか、現在のサービス構成にいたるまでどのような背景があったのか、そして今後さらに成長していくにあたり必要なのはどういった人材か、などについて話をうかがってきました。

 前編となる本記事では、2017年9月9日、ベルサール新宿セントラルパークシティホールにて開催されたpixiv10周年記念イベント「pixiv MEETUP -10th ANNIVERSARY-」のレポートをベースに、ピクシブという会社を一つずつ紐解いていきたいと思います。

数字で再認識するpixivというサービスの規模感

代表取締役社長・伊藤浩樹さん

 参加者多数のため受付の時間を伸ばした都合で5分程度遅れて、イベントスタート。イベントは代表取締役社長・伊藤浩樹さんの登場で幕を開けました。
登場とともに告げられたのは、pixivには現在2800万人超のユーザーがおり、今年度中には3000万人を超えるという継続的な成長率と、毎日2万人の新規ユーザー登録があるうち、現状海外ユーザーの割合は75%あるという、サービスが内包する文化の多様性についてでした。

 そんなpixivも立ち上げから2012年までの約5年間は、組み立て式のラックをベースにした自作サーバーを用いていたという話が、写真の強烈なビジュアルとともに執行役員・店本哲也さんから語られると、場内からは笑いとどよめきが!

執行役員・店本哲也さん

 さらに、サービスが軌道に乗り始めたものの、サービスの仕様の決定は感覚だよりで数字によるデータ分析はほとんどなされていなかったという事実も立て続けにBOOTH・pixivFACTORY・pixiv PAYのプロダクトマネージャー・重松裕三さんから語られました。
 そういった状況を改善するため、グロースハックチームが編成され、UI/UXの設計に対する定量分析を行っていった結果、2011年は3,000人だった新規登録会員数が、2014年には約1万3,000人と4倍近く増え、その後、サントリーC.C.レモンや雪印コーヒーなどナショナルクライアントとのコラボ案件の獲得にも繋がったことが明かされます。

 またサービスの特徴としてコミックマーケットと非常に深いつながりがあることも執行役員・清水千年さん、アカウントマネージャー・笠原達郎さん、pixivプロダクトマネージャー・高橋孝太郎さんの3名によって語られます。
コミケに参加しているサークル3万2000のうち、pixivのコミケ連携機能を使用しているイラストレーターは約2万2000人おり、割合として69%にも登ります。

 またサービスとしては、小〜中規模のアドネットワーク相当の170億インプレッション/月があり、新規会員登録も毎日26,000人程度あること、ユーザー情報としては、男女比率は4:6で女性の方が多く、サービス全体の6割を20代が占め、全体の4割が学生であることも語られました。

執行役員・清水千年さん、pixivプロダクトマネージャー・高橋孝太郎さん、アカウントマネージャー・笠原達郎さん

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*